作業療法学科 ~心とからだの生活リハビリテーション~

作業療法学科
動く、考える、創る。
心身に障がいを持った方が、
社会で暮らしていくための支えになること。
作業療法士(OT)のミッションは、心身に障がいを持った人々の日常生活や社会生活の再建、つまりは病気や障がいを負っても自分らしく暮らしていくために、心とからだの回復を支援します。また、暮らしの工夫や環境を調整し、対象者とともに実現できるようサポートする仕事です。緑生館では学年の垣根を越えて上級生と下級生が学ぶ場や、卒業生をはじめ、臨床で活躍しているスペシャリストを招き、実践的な知識や技術を学ぶ場を多く取り入れています。教育においては、学生の個性を重視し、その学生に応じた学習方法を専任教員が個別に支援しています。さらに、他者との関わりにおいて必要な事や周囲と協力し合う姿勢など、社会人としての基礎も身につけながら自信を持って現場で働けるOTを育成します。

リハビリテーション教育評価機構 認定

作業療法学科 学科長 倉富 眞
一般社団法人リハビリテーション教育評価機構とは、全国のリハビリテーション養成校の「教育の質」を保証するため、養成校に対して公正かつ厳正な審査を行い、その教育施設の優れている点や課題を明らかにする中立的な第三者機関です。

緑生館作業療法学科は、すべての評価基準を満たしているとの評価を受けるとともに、「臨床実習におけるCCSは、先進的な取り組みである」点をとくに優れているとの評価いただきました。

学科長あいさつ

作業療法学科 学科長 倉富 眞
作業療法学科 学科長
倉富 眞
  • 理学療法学科・作業療法学科 副校長兼任
  • 鳥栖地区地域リハビリテーション広域支援センター長
  • 佐賀県作業療法士会会長

作業療法学科では入学時より学年を跨いでの授業を展開します。例えば、上級生の学習である関節可動域の検査を下級生に実施する。このことを通して上級生は知識のない対象者にも説明する伝達のスキルを獲得し、下級生は上級生の説明を通じ傾聴のスキルを獲得します。同時に学年が上がったときの学習内容がイメージでき、自ら学ぶ姿勢が身につきます。講義と演習、実習を繰り返し実践し学生が“分かった”と実感できる学習を目指しますので、熱意がある学生は大歓迎です。