ブログ

キワニスドール贈呈式

本町キャンパス
2月14日(金)晴れ。
本日、専攻看護学科で、キワニスドールの贈呈式を行いました。キワニスドールのこと、ご存知ですか?

キワニスドールは、白い木綿生地に綿を詰めた人形で、身長は40㎝、体重は約50g。人形には目も鼻も口もありません。

この人形に直接絵を描いて治療や手術の説明を行ったり、体の説明に使われたりしますが、子供たちは大好きな人の顔を描いて、ずっと自分のそばに置き、大事にしています。
小さな人形ですが、不安な子供たちにとって、大きな味方なんです。

専攻看護学科の学生が実習先の病院で、この人形が活用されるのを知り、佐賀キワニスクラブ様に協力を仰ぎ、本日、キワニスドール30体をいただくことができました。
この人形は、牛津高校服飾デザイン科の生徒さんが制作しており、贈呈式には牛津高校の生徒さんたちにもお越しいただきました。
   

念願の人形を手にし、専攻看護学科の学生は大感激。


これからの実習で、しっかりと、そして大事に使っていきます。
佐賀キワニスクラブ、牛津高校の皆様、本当にありがとうございました。

緑生館ブログ~過去ログ