平成31年~

H30年度 第3回 鳥栖地域リハビリテーション研修会

日 時
平成31年3月14日(木曜日)
会 場
医療福祉専門学校緑生館 理学療法学科・作業療法学科校舎
(鳥栖市西新町1428-566佐賀競馬場前)
テーマ
効果的な高齢者の介護予防の実践について
内 容
介護予防事業を継続するためのポイント
講 師
牧迫飛雄馬 先生(鹿児島大学医学部保健学科理学療法学専攻教授)
  • 牧迫先生には、鹿児島県垂水市の実践例を紹介していただくだけでなく、認知症予防を目的とした取り組み「コグニサイズ(通称)」を参加者に実践してくださいました。
    ※コグニサイズとは、英語の「cognition」と「exercise」を組み合わせた造語。運動で体の健康を促すと同時に、脳の活動を活発にする機会を増やし、認知症の発症を遅延させることが目的に開発されました。
サンプル画像1
牧迫飛雄馬 先生
サンプル画像2
 コグニサイズの模様
サンプル画像3
 コグニサイズの模様
サンプル画像4
 倉富会長のあいさつ

H30年度 第3回 鳥栖地域リハビリテーション研修会

日 時
平成31年2月1日(金曜日)
会 場
医療福祉専門学校緑生館 理学療法学科・作業療法学科校舎
(鳥栖市西新町1428-566佐賀競馬場前)
テーマ
自立支援をするための生活課題の捉え方
内 容
北九州の実践例を実際に挙げて、生活課題を明確にするための整理のポイントについて
講 師
都甲幹太先生(社会医療法人共愛会 介護老人保健施設あやめの里 作業療法士)
サンプル画像1
都甲幹太 先生
サンプル画像2
 倉富会長挨拶
サンプル画像3
 講義風景