高度専門士について

★高度専門士 (文部科学省認定)
平成17年9月9日より文部科学省の告示


本校卒業時に全員に付与
(理学療法学科・作業療法学科・総合看護学科)
「高度専門士」の称号を付与された修了者には、「大学院の入学資格」が与えられ、人事院規則では、大学卒業と同等の資格として取り扱われます。
そのため、3年制の専門学校卒業者が大学院に進むには、大学に進学するか編入後、大学院に進学するという手段をとらなければなりませんが、当校の卒業生は「高度専門士」の称号があることで、直接大学院に進学することが可能になります。

下記の項目をクリアしている学校にのみ付与されます。

(1) 修業年限が4年以上
(2) 課程の修了に必要な総授業時数が3400時間以上
(3) 体系的に教育課程が編成されていること
(4) 試験等により成績評価を行い、その評価に基づいた課程修了の認定

※すべての専門学校が付与されるものではありません。

大学校舎卒論

高度専門士のメリットとは・・

① 就職の面

4年間にわたって学んできた技能は、どこの卒業生にも負けない実践力となり、採用後の待遇面でも、大卒とほぼ同等としてみなされるため、初任給や昇給に大卒者との差が出ることは少なくなります。
行政機関だけでなく、民間の病院や施設でも大卒同等の給与体系をしているところが増えています。
▶大学卒業と同等の給与待遇が受けられる病院・施設

② 大学院にそのまま進学が可能
将来の可能性が広がる。
大学院に進学が可能ですので、『研究者』『教員』『*専門看護師』『保健師』『助産師』等への進路も可能であり、看護師や理学療法士、作業療法士として働く先の未来も描きやすくなります。
*専門看護師については日本看護協会のサイトをご参照下さい。

③高度専門士を取得できる4年制の良さ
「じっくりコツコツ」勉強できる上、当校の特色である学生ファースト、少人数制の良さが加わり、緑生館での学びは確実にあなたの成長にもつながるでしょう。