専攻看護学科サイトはこちら

学科紹介

トップページ > 学科紹介 > 作業療法学科

作業療法学科

  • 学科紹介ページ
  • フォトアルバム
  • カリキュラム

専門技術と温かな心で、身体や心に傷害を持つ人々をサポートする作業療法士を育成します。

作業療法士とは

起きる、立つ、歩く。身体に障害を持つ人の基本的な動作能力の向上を手助けします。

作業療法士(Occupational Therapist)とは、リハビリテーションの現場において、理学療法士とともに活躍するメディカル・スペシャリストです。心身に障害を持つ人びとが、日常生活や社会生活を再建できるように心身機能の回復を促し、身の回りのことを主体的 に対処できるようにサポートします。

具体的には、リハビリテーション・ドクタ ーからの指示を受け、患者さんの身体的活動(動く)・精神的活動(考える)・社会的活動(働く)を含む、創作活動(作る)を通 じて、社会復帰に向けた訓練や指導を重ねていきます。

身体機能の向上/関節の動きを滑らかにし、筋力を増大させ、感覚機能を改善させることで日常生活に必要な運動能力を高めます。

高次脳機能の向上/時間や物の把握、周囲の状況認識、動作の手順など、日常生活に必要な能力を高めます。

生活技能の向上/食事、着替え、入浴といった身辺動作や家事動作など、患者さんの障害にあった方法で適切な介護を指導します。

社会技能の向上/仕事や社会生活に必要な問題解決能力、学習能力、対人関係能力をロールプレイなどを通 じて向上させます。

学びのポイント

緑生館では4年間の充実したカリキュラムで実習やボランティアにもじっくりと取り組み、高度な専門技能だけでなく、患者さん一人一人の心を理解し、生きる力を支える豊かな人間性を備えた真のセラピストを育成します。

1、2年次は運動学や解剖学などを通して人体の構造と機能について理解を深め、リハビリテーションの理念や理学療法の基礎を習得。
3年次からの専門分野では、運動療法や物理療法、臨床実習など、より専門的な学習・演習により、理学療法士としての実践力を育成します。

取得できる資格

  • 作業療法士国家試験受験資格
  • 高度専門士
  • 学士(人間科学)

必要とされる職場

医療関係

  • ・一般病院
  • ・総合病院
  • ・整形外科病院
  • ・精神神経科病院
  • ・リハビ リテーションセンター
  • ・小児病院
  • ・老人病院
  • ・労災病院
  • ・老人保健施設など

保健関係

  • ・肢体不自由児施設
  • ・肢体不自由者更生施設
  • ・身体障害者養護施設
  • ・特別養護老人ホーム
  • ・養護 施設・学校など

福祉関係

  • ・保健所
  • ・社会福祉事務所
  • ・保健センター
  • ・デイケアセンターなど

教育関係

  • ・PT・OTの養成校
  • ・大学等の教育
  • ・研究機関など

先生からのメッセージ

理学療法士に大切なのは、人の気持ちを理解し、支援する温かな思いです。

理学療法学科 学科長吉原 好人 先生
写真

作業療法士は障害のある人や、そのおそれのある人に「その人にとって意味のある作業ができるようになる」ことを通して、心身の機能の改善や自信・役割を取り戻し、「よりよく生きる」自立生活へ導くための治療・支援を行っています。このため、作業療法学科では今の自分にできることに取り組むことで誰からも信頼される作業療法士の育成を目指しています。今の自分にできることは人によって違うと思います。いろんなことにチャレンジし行動してみて、成功したり失敗したりの体験が人を育てていくと思います。緑生館の仲間と苦楽を共にして一緒に学んでいきましょう。

先輩のメッセージ

経験と知識を積み、地域に密着した作業療法士を目指します。

佐賀県立佐賀商業高校出身 谷口史弥(作業療法学科3年)
生徒写真
リハビリ=理学療法士というイメージがありましたが、いろいろ調べるうちに、作業療法士という職業を知りました。そして「対象者の退院後の社会生活を見据えた手助けができる」作業療法士に魅力を感じるようになりました。
緑生館を選んだ理由は、国家試験合格率の高さと学校の雰囲気です。入学して「学生と先生達が一丸となって目標に向かう」という雰囲気が実感できると思います。今後、様々な経験と学習を積み重ね将来の自分を常に思い描きながら、資格取得を目指したいと思います。