学校長あいさつ

本校は『ハートフルケア』を信条とし、高度化・専門化する医療や福祉の現場で真に必要とされる人間性豊かな地域に貢献できる専門職を育成します。

サンプル画像
 医療福祉専門学校 緑生館
 校長 芳野 信


  久留米大学医学部卒業
  久留米大学名誉教授
  医学博士

「医療福祉専門学校 緑生館」は平成3年4月に『看護専門学校 緑生館』として開校し、平成7年4月には理学療法学科、作業療法学科を新たに加え、現校名に名称を変更しました。さらに平成21年4月には看護教育だけの4年制の学校としては九州初となる「総合看護学科」を開設し、従来の看護2年課程の専攻看護学科と合わせ4学科体制となっています。
近年の高齢社会の進展に伴い、複雑・多様化する保健・医療・福祉の現場において、医療専門職者の果たすべき役割はますます重要になっています。『緑生館』では、患者さんの生きるよろこびを支えるプロとして、ハートフルな医療専門職の育成を通じ、地域医療の充実と保健・福祉への貢献を目指しています。

医療福祉専門学校 緑生館

建学の精神

医療福祉専門学校緑生館は、生命の尊厳と人間愛を基盤として、豊かな人間性と高度な専門性を具備した、医療専門職業人を育成し、社会に貢献することを建学の本旨とする。この建学の精神を表す「ハートフルケア」をもって本校の信条とする。

教育理念

建学の精神にかかげている「ハートフルケア」を具現化し、人間愛に基づいた社会変化・変遷に対応できる保健・医療・福祉専門職業人を育成する。

教育目的

教育理念に基づき、教養の涵養と人間性の醸成、地域に貢献できる医療の専門性と実践能力を養うことを目的とする。