専門実践教育訓練給付制度

当校・専攻看護学科が専門実践教育訓練の講座として厚生労働大臣から指定を受けました。概要は下記の通りです。社会人または社会人経験者は給付対象となる可能性がありますので、下記内容につきまして、ご確認をお願いいたします。

1. 制度について(専門実践教育訓練給付金)

「専門実践教育訓練給付金」制度とは、一定の条件を満たす雇用保険の一般被保険者 (在職者)、または一般被保険者であった方(離職者)が厚生労働大臣の指定する専門実践教育訓練を受講し修了した場合、本人が支払った教育訓練経費の一定の割合額がハローワークから支給される制度です。

2. 支給対象者

社会人または社会人経験者は給付対象の可能性がありますので、ご確認ください。
  1. 受講開始日に「雇用保険の一般被保険者(在職者)」の方で、支給要件期間が3年以上ある方。
  2. 受講開始日に「雇用保険の一般被保険者ではない(離職者)」方で、受講開始日が離職から1年以内の方であり、かつ支給要件期間が3年以上ある方。
    (初めて教育訓練給付金の支給を受けようとする方については、2年以上)

3. 「専門実践教育訓練給付金」の支払い見込額

支給見込額=(受講者が支払った教育訓練諸経費(※1)×支給割合
専門実践教育訓練の受講中(半年ごとに申請)専門実践教育訓練の修了後(※4)合計
①教育訓練経費(※1) の50%
≪見込み額≫
2年間 72.5万円(※2)
②教育訓練経費(※1) の20%
≪見込み額≫
一括 29万円(※3)
①+②=
≪見込み額≫
合計 101.5万円

※1 教育訓練諸経費は入学金及び授業料、実習費が対象となります。(施設設備費等は対象外)
※2 1年次:「入学金 (30万)+授業料 (50万)+実習費 (15万) 」の50% = 47.5万円
     ⇒本制度の支給上限額「40万」が見込み額
  2年次:「授業料 (50万)+実習費 (15万)」の50% = 「32.5万円」が見込み額
※3 教育訓練諸経費の20%が見込み額(ただし、1年次は制度上限額の「16万円」)
※4 資格取得等をし、かつ修了した日の翌日から1年以内に一般被保険者として雇用された場合

4. 手続について

(1)申込 : ご本人様にて最寄りのハローワークへの申し込みとなります。
(2)期限 : 受講開始日の1ヶ月前までに申し込み

5. 「教育訓練支援給付金」制度について

(※上記、「専門実践教育訓練給付金制度」とは別です。)
この制度は、昼間通学制の専門実践教育訓練を受講しているなど、一定の要件を満たした方が、失業状態にある場合に、訓練受講をさらに支援するため、雇用保険の基本手当の半額に相当する額がハローワークから支給される制度です。
  1. 支給対象者(要件の一部のみを抜粋)
    ① 上記、「専門実践教育訓練給付金」制度の支給要件項目、≪2.支給対象者-(2)≫
     ≪受講開始日に「雇用保険の一般被保険者でない(離職者)」≫ に該当する
    ② 専門実践教育訓練の受講開始時に45歳未満であること
  2. 1日あたりの支給額
    原則として離職される直前の6ヶ月間に支払われた賃金額から算出された基本手当の日額に相当する額の50%
  3. 手続きについて
    ①申込 : ご本人様にて最寄りのハローワークへの申し込みとなります。
    ②期限 : 受講開始日の1ヶ月前までに申し込み
        (「専門実践教育訓練給付金」の手続きと同時に手続きできます。)
    ※受講開始日の1か月前までの日に在職中の場合、離職した日の翌日から1か月以内に行ってください

6. その他:問い合わせ

本件につきまして、ご質問等は下記までお願いいたします。

お問い合わせ先

〒841-0037 鳥栖市本町3丁目1496-1
医療福祉専門学校 緑生館<専攻看護学科>
TEL:0942-84-0848